播州弁−辞典


播州弁辞典 > 50音インデックス >

ち(ちで始まる播州弁)


ちごとる

間違っている。


ちびる

消耗する。減る。 例: タイヤを消耗する→タイヤがちびる


ちみきる

指で非常に小さくつねる。

備考: 爪でひきちぎるかのように小さくつねる。


ちゃう

違う。


ちゃっそ

泣かすぞ。

備考: 脅し文句。「叩きのめす」と言う意味の「かちまわす」を崩して発音したものと思われる。


ちょい

少し。ちょっと。 例:少しお待ちください→ちょい待っとって ちょっといいですか?→ちょいええか?


ちびっと

ほんの少し。すこしだけ。


ちょいちばん

いの一番。


ちょうちゃく

踏んだり蹴ったり。


ちょける

ふざける。おどける。 例:ちょっとふざけ過ぎです→ちょいちょけ過ぎや


ちょこらいな

ちょこざいな。


ちょっきし

丁度。ぴったり。 例: あなたにぴったりの服→あんたにちょっきしの服


ちょっぴんぴん

丈の短い(着物)。


ちょろまかす

ごまかして盗む。くすねる。 例:お使いのお釣りをくすねた→お使いのお釣りをちょろまかした


ちょんまい(ちんまい)

小さい。小さな。 例:小さな赤ん坊→ちょんまい赤ん坊


ちんたら

ゆっくり。だらだら。 例:そんなゆっくりしてると日が暮れますよ→そんなちんたらやっとたら日ぃ暮れるで


ちんちん

仲が良い。




現在地: 播州弁辞典 > 50音インデックス >


サイト利用について プライバシーポリシー リンクについて


© ベストリンク . All Rights Reserved